HOME > 勤務医の方

勤務医の方

勤務医の方

勤務医の方の確定申告をサポート

ドクターの方で2か所以上の病院で勤務されている場合は、確定申告が必要になります。
大学病院等に勤務し、その他の病院で派遣・アルバイトを行ったお医者様や派遣・アルバイトのみの収入のお医者様も対象です。

確定申告の必要がある方

以下の項目で、1つでも該当する方は確定申告が必要です。

勤務医の方で給与の収入金額が2,000万円を超える方
給与を2ヶ所以上からもらっている方
給与所得や退職所得以外の各種の所得金額の合計額が20万円を超える方※所得とは、収入金額から必要経費を差し引いた金額をいいます。
不動産所得がある方
不動産を売却して、売却益が発生した方




確定申告すれば税金が還付になる可能性がある方

年末調整を受けた勤務医の方で医療費控除の適用を受ける方
年末調整を受けた勤務医の方で寄付金控除の適用を受ける方
年末調整を受けた勤務医の方で雑損控除(災害・盗難等)の適用を受ける方
年末調整の際に、所得控除の申請もれがあった方



税金を戻してもらう確定申告の事を還付申告といいます。通常の確定申告は、翌年2月16日からしか提出できませんが、還付申告の場合は、1月から提出可能です。さらに3月15日を過ぎてからも受け付けてもらえます。


確定申告代行料金について 【期間限定】キャンぺ−ン中!!

プランスタンダードパックプレミアムパック
対象全国の勤務医の方
サービス確定申告書の作成から申告まで
料金14,000円10,000円40,000円20,000円
目安所得が2種類以内
or総収入が2,000万円以内
所得が3種類以上
or総収入が2,000万円超
※上記は目安であり、詳細はお問い合わせください。

勤務医の方のよくある質問

Q. 現在、収入が複数あります。節税できる余地は余地はありませんか?

A. 収入の内容によります。 
すべて給与収入であれば、節税は厳しくなります。
雇用契約に基づく給与収入以外の収入があれば、節税の余地があります。
たとえば、原稿料や講演料であれば、「雑所得」に区分され、その収入獲得にかかった必要経費を差し引き、税金の額を減らすことができます。なお、雇用契約に基づく「給与収入」かどうかを簡単な見分け方は、源泉徴収票の記載によります。


Q. アルバイトを複数しています。このうち、一か所分の給与収入だけ、確定申告しないとどうなりますか?

A. 2通りのパターンがありますが、いずれのケースもきちんと確定申告すべきです。

@アルバイト先が、きちんと源泉徴収を行っているケース
→貴方が損をします。なぜなら、アルバイト先から「源泉徴収票」というのが届くと思いますが、そこに「乙欄」という項目があり、基本的にはそこに○印がされているはずです。
これは「従たる給与」者である証明で、扶養控除等の「主たる給与」で控除されるものを一切考えていない形で所得税が源泉されているので、基本的には多く徴収されていることがほとんどです。
そのため、確定申告をすることでほとんどの場合が還付されることになります。


Aアルバイト先が、きちんと源泉徴収を行っていないケース
→確定申告で1か所分の給与収入を除いて申告しても、申告もれが判明します。
貴方が受け取る源泉徴収票は、複写式になっており、市役所や税務署も同様の情報を持っています。
このため、給与収入の場合、一部を申告しないと後々になって追加の税金を支払うことになります。

前のページに戻る
ページの先頭へ
住吉事務所 TEL:06-6673-0631 FAX:06-6674-3063 天満橋事務所 TEL:06-6910-8855 FAX:06-6910-8856