HOME > 経営財務コンサルティングを受けたい方

経営財務コンサルティングを受けたい方

経営財務コンサルティングを受けたい方

将軍の日(中期計画教室)

社長のこんな悩みを解決する経営計画をやってみませんか
経営計画とは

中期計画立案教室の詳細

将軍の日とは…
戦国時代、将軍が戦場から離れた陣営で、戦局を見極め、戦略、戦術を立てたように、経営者が日常業務から離れ、電話も来客もない環境で、自陣を取り巻く環境を見つめ直し、今後の戦局を決定する時間を持つ必要があります。この戦局を練る時間を中期経営計画策定と考えて「将軍の日」と命名しています。


経営計画とは
経営計画とは、企業がその将来に向けての経営ビジョンや数値目標を設定し、自社の現在の経営状況とのギャップを埋めるために、いつ何をどのようにすべきか、経営資源(従業員、資金、情報、資産)をいかに活用するかの行動計画のことをいいます。経営計画は、社長自らが作成していただき当事務所は作成するためのサポ−トをしていきます。ゆえに作成されますと、本当に生きた計画となり達成感があると思います。

準備資料は以下の通りです。
@ 前期決算書及び直近の試算表
A 借入返済明細書
B 売上分類別の売上目標又は実績表
C 経営理念、経営方針
D 減価償却明細表

作成手順
@ 当事務所で5ヵ年「現状計画」を作成します。
現状計画とは、売上、経費が同じ推移するとした場合の5年後の損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロ−計算書(以下3表という)をいいます。その3表を社長にお見せし、もし資金不足が生じるとしたら、直ぐに手を打たねばなりません。
そこで、社長とともに経営ビジョンを決めてその目標を達成する為の対策を考えて、数字化して5ヵ年数値計画を作成するとともにアクションプランも作成していきます。


A 中期計画立案(現状計画を基として社長とともに作成します)
バランススコアカード(BSC)の考え方で以下の順序で進めていきます。
1 ビジョン策定 【経営理念と環境分析】
経営の起点が、経営理念。そして、それに基づいた企業ビジョンをどのような環境下にあるかを踏まえて考えます。

2 SWOT分析
SWOT分析とは、企業の戦略を導きだすために「強み」「弱み」「機会」「脅威」を客観的に把握するための手法です。戦略を考え出すうえで、そのステップはとても重要です。

3 戦略の作成 【クロス分析】  
SWOT分析で、考えられた要素を組み合わせて、戦略を考え出すステップです。分析とは違い、戦略を考え出すには、想像力が必要です。組み合わせを考えるために思考を支援する機能があります。

4 戦略マップの作成
戦略マップは、企業ビジョン実現のための戦略スト−リ−です。4つの視点ごとにおかれた複数の戦略をスト−リ−化することにより、全社でビジョン実現のイメ−ジを共有できます。

5 業績評価指標の設定
重要成功要因に沿った、戦略の成功までの目安として、業績評価指標を設定します。すべての戦略の進捗を定量的に表現することで、戦略実行の見える化を実現します。

6 目標とアクションプランの作成
業績評価指標の目標値と、それを達成するための行動計画(アクションプラン)を考えます。この行動計画(年間計画とそれに基づいた12ヶ月分の月々の計画)とビジョンまでのスト−リ−がつながっているとビジョン実現の可能性が高まります。ここまでのステップで、BSC策定は、完了です。


B 5ヵ年の数値計画の作成
前記のBSCにより自社の分析により自社の「強み」と「課題」を整理し(SWOT分析)、ともに実現したい5年後ののビジョンをまとめます。その後、決算書をベースにした数値計画として売上、経費、投資の計画を立てます。先ずは、今後の販売戦略に基づいた売上、粗利益などの「販売計画」です。そして、それを達成するために必要な「人件費計画」や販売活動費や製造に関する「経費計画」そして、「設備投資計画」や銀行への借込返済などの「資金計画」を立案します。計画立案は、専用ソフトを活用します。これにより5年間の3表が作成され、何度でも計画を練り直しが簡単にでき、その都度3表が作成されますので、自社の将来像が具体化されてきます。


中期5ヵ年計画スケジュール
10:00 オープニング
10:30 計画作成  経営理念・経営ビジョン作成
11:00 SWOT分析・クロス分析(自社分析)
13:00 数値計画
15:00 経営サイクルの確立について
16:00 目標・課題の確認  終了


参加申し込み要領
●受講料   54,000円税込1日(五時間)コース
2名様以上の場合、お2人目よりプラス3,000円となります。




単年度計画立案とMAS監査

1.単年度計画立案




中期計画で、将来の明確なビジョンを立案した後は、その計画をより具体的に単年度計画(12ヶ月の月別計画)に落とし込んでいきます。


具体的には
(1)必要固定費(昇給、賞与、新規採用、販売促進費)

(2)借入金返済必要額、設備投資

(3) 目標売上及び粗利(どの商品をどの市場に提供するか)

(4)回収、支払条件

等のシュミレ−ションを行い、行動計画と、損益、資金繰りの1年間の見直しを立てます。



単年度計画を行うことで、「どの月の資金繰りがきつくなるか」「税金はどのくらいかかるのか等が事前に把握できるので、企業経営する上で、最適な意思決定が可能となります。




2.MAS監査サービス
(1)経営サイクルの確立

単年度計画立案してから、毎月の予算実績対比を行い、ズレを把握する事により常に先手を打つことができます。即ち経営サイクル(PLAN−DO−SEE)の確立を図ります。

(2)安全経営のためのリスク分析

安全経営を実現する為に、企業に潜む経営リスクを把握し、対処方法をご提案します。

(3)事業継承のための自社株分析

事業の承継は、企業が社会の公器であると必然といえます。自社株のスム−ズな後継者へのバトンタッチが可能かどうか分析します。

(4)自己資本充実のためのタックスプランニング

合法的なタックスプランは、企業の内部留保を厚くし、企業体力を高めます。その為の財務戦略をアドバイスします。

(5)経営実務のための情報サ−ビス

経営者及び経理責任者の為の経営情報及び税務情報を定期的に提供します。

*単年度計画・MAS計画につきましては、別途見積り契約となります。



前のページに戻る
ページの先頭へ
住吉事務所 TEL:06-6673-0631 FAX:06-6674-3063 天満橋事務所 TEL:06-6910-8855 FAX:06-6910-8856